Keywords: 7セグ LED 埋設 磁石 筑波 サーキット ラップ タイマー LAP Timer PIC Car Motor Sports P-LAP

7セグLAPタイマーの製作

ec2-54-166-153-192.compute-1.amazonaws.com , 37721st 2004/03/06 UPDATED
Copyright(C)2004 H.Kashima

04/02/10初版
[更新履歴]
    2004.3.6	セラロックから水晶へ変更、回路図更新

  1. はじめに
  2.  LAP3を作ろうぜ!と早1年以上が経過してしまったが、 ;(^^ 誰でも手軽に使えるアホタイマーをと念頭に置きつつ、7セグタイマーを小型版にて復刻させてみた。

    [スペック]
    CPUクロック	32.768MHz
    発振器精度	±50ppm @8.192MHz(日差5秒, 20秒で誤差±1/1000秒)
    最高周回記録数	16,384LAP(速度ログメモリと共有)
    トリガ反応時間	1/1000秒以内
    記録可能LAP時間	224-1ミリ秒(4時間39分)
    速度パルス計測誤差	±0.2km/h
    ログインターバル	100ms
    ログ記録時間	1時間49分(LAPメモリと共有)
    記録用メモリ容量	64Kバイト
    
    


  3. 回路について
  4.  コントローラーにはC言語で楽々プログラミングの PIC18F252を使っている。 PIC16F876との価格差は+ 200円程だが、メモリースペースの窮屈さを想像すると、もうPIC16は使えなくなる。 アセンブラでチョチョイとする分には PIC16も良いのだけれど。

     LEDのドライブには、東芝のトランジスタアレイを使っている。 充分な輝度を出そうとすると、セグメントあたり 60mAほどの電流を流さないとならないので、コモンあたり最大 480mAとなり、PIC単体ではドライブできない。

     オプションで、8ピンの E2PROMと、スピードセンサーI/Fを付けた。 車速のログを取り、不揮発性メモリーに保存できる仕組みを付けようと思う。 512Kbit(64KByte)のメモリーを付けた場合、100mS間隔のログなら、2時間弱のログが取れる。

    P-LAP用の埋設磁石を検出するための磁気センサー回路であるが、純正回路ではホールセンサーの入力電圧を作っているダイオードの温度ドリフトで、周囲温度により検出精度が変化してしまうのが予想されるので、専用のレギュレーターICを使って入力電圧を安定化し、改良してみた。

    おかげで、TPS76201というアキバのどこにも売ってないような特殊な部品を使うことになり、一般製作性の低い回路となってしまった。;(^^

    本体回路図(2004/03/06)
    センサ回路図(2004/03/06)


    β完成基板、センサ基板

    基板の裏


  5. 使用方法
  6. 説明するほどの使用方法は無い(笑)。

    電源を投入したら、そのままサーキットに入って走り出せば良い。
    ラップを表示するだけなら、ぶっちゃけこのまんまほっぽって置けば良い。 何の操作も要らないし、表示される数字も場所も1ヶ所1種類のみである。

    最初に通過するスタートラインの磁気トリガーで、1ラップ目として計測が始まる。 一周走ってスタートラインを通過すると、直前のラップタイムが表示される。 走行中にボタンを押すと、最速ラップが表示される。

    走行が終わってピットに帰ってきたら、ボタンを長押しすると、これまで走行したラップタイムが表示される。 ボタンを押すと順次ラップタイムが表示され、中でもファーステストラップは点滅して表示される。



  7. 参考文献
  8. ・加島 7ゼグラップタイマーの製作
    ・各デバイスdatasheet(各社) PIC18F252(microchip), TPS76201(TI)他

E-mail [羈]筝罩c蕁喝婚眼膊宴箙吾菴篋篋障主鎧<若腟吟翫障
-- LINK FREE --
 
HOME LAST