ぼやき言の部屋

ec2-54-198-23-251.compute-1.amazonaws.com , 213472nd


2018年9月14日(金) NetXMSでConsoleのログオンをクライアント証明書で行う設定メモ

openssl genrsa -out rootCA.key 2048
openssl req -x509 -new -key rootCA.key -days 2038 -out rootCA.crt
openssl genrsa -out server.key 2048
openssl req -new -key server.key -out server.csr
openssl x509 -req -in server.csr -CA rootCA.crt -CAkey rootCA.key -CAcreateserial -out server.crt -days 3650

rootCA.crt, server.crt, and server.key を C:\NetXMS\etc\cert へコピー

[netxmsd.conf]
ServerCACertificate = C:\NetXMS\etc\cert\rootCA.crt
ServerCertificate = C:\NetXMS\etc\cert\server.crt
ServerCertificateKey = C:\NetXMS\etc\cert\server.key



クライアント証明書の作成
openssl genrsa -out client.key 2048
openssl x509 -in client.csr -out clientCA.crt -req -signkey client.key -days 3650
openssl pkcs12 -export -inkey client.key -in clientCA.crt -out client.p12 -name "NetXMS client certificate"
(持出しパスワードを登録)

client.p12を端末側にインポート
(持出しパスワード入力)

NetXMS Consoleの Certificate Managerへ clientCA.crtを登録。
UserManagerでユーザーのPropertyの Authencationで Certificate mapping methodを "Subject"、
Certificate mapping dataに Certificate Managerで登録した証明書の Subjectの文字列を入れる


2018年7月1日(日) かしまの分解天国 (Zeroplus パルス幅トリガアダプタ LAP-PWTM)

・Zeroplus LAP-PWTM パルス幅トリガアダプタ

秋月とかで売ってる格安ロジアナ LAP-Cのオプションで、設定したパルス幅に入ると
トリガがかかるようになる外付けアダプタである。 14,000円もする。

CPLD(Lattice LC4256V)でパルス幅カウントしてトリガ立てるようになってるだけ
なんだろうが、これがまた非常に使えねー仕様で、83msまで設定できます、はここまでは
良いのだが、機能を有効にすると、ロジアナ本体のサンプリングレートが強制的に
100MHz固定になってしまう。 こんなのアリか?

このZeroplusって会社のロジアナ、出てから 7~8年経つと思うんだが、未だにPCのソフトの
作り込みがカッチリしてない。 16ch 32kメモリの 1万円台のやつならともかく、
2メガメモリのやつが 20万とかしているのはなんだかやるせない感じだわ。




2018年7月1日(日) かしまの分解天国 (Microchip Pickit4)

・Microchip Pickit4 PICデバッガケーブル

MCUは ARM Cortex-M7コアの ATSAME70Q21。 4-wire JTAGも喋れるようになってて、
接続ピンが 8ピンに増えている。
microSDに stab付きのバイナリを入れておくと単独&ボタン一押しで書き込みできるらしい。

この盛り込みで 5,000円は安い。




2018年6月26日(火) 本日のデバッグ遊び

・MPLAB XC8 v2.00 所要時間 30分
・MPLAB XC16 v1.35 所要時間 30分

日付順 1 - 4


E-mail [注意]不適正な題名は即座ゴミ箱、名前を名乗らぬ者への返事はしない事があります。フリー系メールからは自動的に拒絶する場合があります。
-- LINK FREE --
 
HOME LAST